鍼灸と不妊治療|女性の妊娠に関する情報が満載!不妊治療や食事の情報をチェック

鍼灸による不妊治療や不妊治療に必要となる検査をお教えします

不妊治療を検討している方へ

不妊治療を行う際には、鍼灸院で鍼灸を行うような治療方法が存在しているものです。ここでは鍼灸に関する基本や、不妊治療を開始する際に必要となってくる検査について触れていきます。

不妊治療に必要となる検査とは?

経腟超音波検査

子宮内部の状態を確認するために、超音波を利用して検査が行われる事があるでしょう。不妊治療を行う際には、子宮にトラブルが発生していないかを確認する必要があるのです。この検査を行う事によって、ポリープなどが発見されることもあるでしょう。

ホルモン検査

ホルモンのバランスに異常が発生していないかを調べる必要があるでしょう。ホルモンの検査を行う際には、血液や尿の状態をチェックする必要が出てきます。ホルモンに異常がみられると、妊娠に影響を与えてしまうものなのです。

子宮卵管造影

子宮の形状を確認したり、卵管の状態をチェックする検査が行われることとなります。子宮の状態を確認する際には造影剤を利用する事がありますから、痛みが発生してしまう事もあるでしょう。検査を行うことによって、卵管の異常が改善される事があります。

クラミジア検査

感染症にかかっていないかを確認する必要があるでしょう。クラミジアに感染している事で、卵管が詰まってしまうといったトラブルが発生する事があるのです。クラミジアが発覚した際には、旦那さんも検査を行う必要があります。

鍼灸と不妊治療

鍼治療

鍼灸の基本

鍼灸は人のツボにお灸または針を利用して刺激を与えることで、体質改善を図るといった治療方法となります。鍼灸院では個人の状態などによって、その施術方法を検討していくこととなるでしょう。

不妊治療の効果

鍼灸はどうして不妊治療に効果があるのかと言うと、鍼灸を行うことによって、妊娠しやすい体質を変化させていく事が可能となるからです。そのため鍼灸を利用して不妊治療を行う際には、自然な形での妊娠を望んでいる方にとって最適な方法となるのです。

広告募集中